コラム

楽都の目指すもの

初めまして。タカツグです。このページにたどり着かれたのも何かのご縁。
長くなりますが、少々おつきあいください。

私たち、タカツグとマコトが付き合い始めてオープンに至るまで3年半。出会った当初から、いつか二人でお店を持つことを夢見てきました。

私たちが目指してきたのは、お客様が

・美味しい料理が食べられる
・一人で気楽に来店できる
・会話が楽しめる
・笑顔で帰れる
・出会いがある
・ありのままの自分でいられる

お店を作るということです。

まず最初の、

美味しい料理が食べられる

堂山には150店を超すゲイバーがあると言われますが、ゲイのやっている食べ物屋は数店と言われています。また、ゲイだけでなく、オープンに人々が触れ合える場所も欲しかった。私たちは、セクシャリティーなどにとらわれずだれもが「楽しめるお店」を作ることを夢見てきました。

一人で気軽に来店できる

会社帰りに一杯だけ…なんて日、ありません?
タカツグは余りにお酒好きで、そんな日が多々ありました。でも、なかなかそんなお店に出会うことができなくて…。知らないお店に独りで行くのもかなり抵抗があり、なかなか入れませんでした。「楽都」は一人でご来店頂いても、カウンターの皆さん同士、会話に花が咲くお店作りを目指しています。

会話が楽しめる

上記とも密接に関わりますが、せっかくお金を払って飲みに行くのです。お酒を飲みたいだけならコンビニで充分。できるならばお店の人や、隣り合わせた方なんかともフランクに話せた方が楽しいですし、料理も美味しくなりませんか?

笑顔で帰れる

これは、私たちがいつも気に掛けていることの一つです。喜怒哀楽・様々な感情を持って皆さまはドアをくぐられます。できることならば、そのすべての人々を笑顔で送り出したい。皆さまが気兼ねなく、泣いたり笑ったりでき、帰るときは皆さまが笑顔で帰ることのできるお店でありたいと思います。

出会いがある

いわゆる色恋の出会いではなく(あればあったで嬉しいですが:笑)、皆さんが人生をより豊かに送れるようになる出会いをご提供できればと思います。ですから、楽都はゲイオンリーのダイニングバーではありません。女性の方も、ストレート男性の方もお越し頂けます。たった一度きりの人生です。多くの人と出会い、触れ合い、一緒に楽しんで欲しいと私たちは思います。

楽都が皆さんにとって、そんな素敵な出会いの一助になれれば、こんなに嬉しいことはありません。
「たまたま隣に座った誰か」は、「明日からの良い飲み友達」になるかもしれませんよ。

ありのままの自分でいられる

私はたまたまゲイとして生まれましたが、そのコミュニティーの中だけで生きていきたいとは思っていません。私もマコトも、親や周囲にカミングアウトをし、一緒にゲイオープンなお店をやることを伝えています。それが幸せなことなのだと決めつけはしませんが、少なくとも私たちは、ゲイであることに誇りを持ちながら生きることができたらと願っています。ゲイであることを隠し、恥じながら生きることはしたくない(それには非常に労力が必要になることは事実です)。

ゲイだから面白いのでも素晴らしいのでも気持ち悪いのでもない。私は私、あなたはあなた。私はたまたまゲイでした。あなたは、たまたま女性だったり、たまたま障がいを抱えていたり、たまたま酒癖が悪かったりする。でも、それを互いに批判することなく、緩やかにつながっていたい。そんな思いから、誰にとっても楽しい都「楽都」と名付けました。

あなたにとって、あなたらしくあれる場所。
「楽都」は、そんな場所でありたいと願っています。

どうぞ、気兼ねすることなく、楽都のドアをくぐってください。
それが皆さまにとって、楽しい時間の始まりとなるよう、
不器用ながらも精一杯、おもてなしさせて頂きます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。