コラム

つながり

梅雨明けの候、皆様いかがお過ごしでしょうか?
外は大暑。ようやく、夏らしい暑さがやって来ました。

先日、HPを見てお越しくださったお客様に「タカツグのコラムが全然更新されてない!」とご指摘いただき、「では何かテーマを」とお願いした所、「”つながり”で」とテーマを頂戴いたしましたので、久々にキーボードを叩いている次第です。

人は、あらゆるつながりの中で生きています。誰一人として、独りで生きていくことのできるモノなどいない。山奥に独りこもり、社会的な生活から隔絶されて生きているとしても、そこでは自然とつながり、その営みに寄り添って物を得ていかなければ、生きていくことはできないのです。それは人間だけでなく、動物とて同じこと。

今のあなたの生活はどうでしょう。

幸せ、不幸せ。充足、枯渇。それぞれの人が、それぞれの人生を生きています。山があれば谷もある。しかし、今の世を生きることは往々にして残酷で、時に軽薄で、時にふっと、消えてしまいたくなる。そんな時、誰にも頼らず一人で生きていくことのできる人間を「強い人間だ」という人がいます。でも、本当にそうでしょうか。

 

誰かを愛せば傷つきます。
誰かを信じれば裏切られます。
誰かを求めれば拒絶されます。
そんな時も、あります。

 

誰かを愛することで、一人では見ることの出来なかった景色が見えたり、強くなれたり、前向きになれたり。それは事実ですが、その優しい現実だけが、愛のすべてではないことを多くの人が知っています。きっと、あなたも。

あれだけ信じていた永遠は、ある日突然に、一瞬にして崩れ去り、あんなにも愛していた誰かが、他の誰かと寝ていたり。ふとした時に人は、他人を疑い、自分を守ろうとする。だけれども、その傷や裏切りや、拒絶の恐怖を越えた向こう側に、最も大切なものがあることもまた、多くの人が知っています。人はそれを、信頼や純愛という言葉に置き換えようとする。だけれども時に、人と人の関わりやつながりの中で傷つき、裏切られ、拒絶されることがあるのは事実です。

 

けど、それでいいんじゃないかなって。
本当の強さとは、そうした他人の弱さを認め、
受け入れることのできる気持ち。
それこそが、本当の強さなんじゃないかなって。

独りで生きていくことが強さだとは、僕には思えないのです。

 

つながり。その移り変わりを友に例えるなら。

私たちは、出会います。
そして、互いの存在に自分の居場所を求めた時、友となる。
そしていつしか、「親しい友」となる。
そしていつしか、「信じることのできる友」となる。
そしていつしか、「心の友」となる。
「しんゆう」にも、段階があります。

つながり。その移り変わりを愛に例えるなら。

ふたりの人間が出会い恋をします。
その「恋」はいずれ、「愛」となり、
その「愛」はいずれ、「情」となり、
その「情」はいずれ、「絆」となる。

「恋 愛」は「愛 情」を経て、「絆」になる。
出会った時から永遠につながることを確約は出来ない。
そうであれば嬉しいと、心の底から願うことしかできない。

独りよがりな恋から始まり、相手のすべてを受け入れようと、自分を受け入れてもらおうと精一杯愛し合い、互いに信じ認め合って情となり、いつしか互いに何があっても、遠く離れても離れることはないだろうと確信する、絆というつながりになる。

同じ道を共に寄り添って、共に行ったり来たり、折り返したり。右往左往。

そうして初めて、決してほどけることのない絆が、愛する人や親友と結ばれる。

だから、自分の寂しさや孤独、辛さや悲しさを、誰か自分以外の人のぬくもりで埋めようとしても、その気持ちを恋だ愛だ友情だと言って誰かにすがろうとしても、相手の気持ちに寄り添い、相手と共に歩み、相手と共に右往左往できなければ、絆は結べない。自分の不安や寂しさや孤独を、もっともらしい言葉に言い換えて、好きだ、愛してる、ずっと一緒だとうそぶいても、なんの意味もない。

そして相手の気持に寄り添っても、相手が自分に寄り添わないなら。
同じ道を行ったり来たり、右往左往することのできない相手なら、絆は結べない。そう考えると、本当に愛し合える人と出会えることは、本当に信じ合える友と出会えることは、本当に奇跡的な幸せなことなのかもしれません。

 

この世を生きていくことは、思い通りにならないことばかり。
突然の病。突然の裏切り。突然の非難、誹謗、中傷。拒絶、断絶、出会い、別れ。あらゆることが思い通りにならず、あらゆることが自分に牙を向けて襲い掛かってくる夜がある。辛くて悲しくて、叫びだしたくなる夜がある。

けれどもしあなたが今、なにか大きな問題や不安を抱えているとしたら。
他人を遠ざけて、独りで生きることを自立だなどと言っても意味がありません。
人だけでなく、この世に生きる者は等しく、独りで生きていくことは出来ないのです。

そしてもし、あなたの抱える問題のために愛する誰かを悲しませたくないと、その人の元から去ることや、もう傷つくことに疲れ、誰も愛さず一人で生きていこうなんて考えているとしたら。

それを愛だ強さだというなら、それは大きな間違いだと思うのです。

 

人は弱いから、つながるんだと思います。
そして、人は弱いから、誰かに優しくできるんだと思います。
人は皆、自分が弱いことを知りながら認めようとしないもの。
弱さは、ダメさの表れのような気がしてしまって。

だけど、弱い人こそ、強くなれる。
弱さを知らない者は、誰かの傷を受け止めることが出来ない。
最も恥ずべき弱さは、自分の弱さを認めない弱さです。

ツラいねって、悲しいねって、だけれども明日も笑い合いたいねって。
あなたと一緒なら、笑っていられる気がするから。
楽都に来れば、明日も笑えそうな気がするから。
そうやって、人は人と、楽都とお客様は、つながっていけるんじゃないかなって。

 

だったら、弱いって、素敵なことなんじゃないかなって。

 

美味しいものを食べて、旨い酒を飲み、楽しい気持ちでお金を払って帰っていただく。それは、飲食店として当然の仕事です。でも、そこを一歩超えて、誰とも会いたくない夜でも、独りでいたい夜でも、そんな夜だからこそお越しいただける楽都でありたいなって。

いや、「アタシすごく弱いんです!ツラいんです!悲しいんです!だから楽都に来れば癒してくれるって聞いて!」とかいきなり来られたら、俺もマコトさんもドン引くけど(笑)。マコトさんとか相当冷たいと思うけど(笑)

だけれども、少しずつでもいいから、そんな弱い自分自身もさらけ出しながら、互いに分かり合い、みんなでつながっていけるような、そんなお店にできたら、そんな自分でいられたらなって思ってます。

 

僕とマコトもまた、多くの弱い人間の一人です。だからこそ、
弱さの意味を知り、強さの意味を履き違えず色んな人とつながっていける。
そういう楽都でありたいものです。

僕とマコトでよければ、いつでも話、聞きますよ。
つながり。そんな素敵な言葉をテーマに結局、営業かよっていうね(笑)

このコラムを書くきっかけとなってくれた彼女に、この文章を。
あなたの何かのきっかけになってくれればと願いつつ。